新生活をはじめる前に|新築内祝いのギフトを贈ろう

内祝い品を選ぶ時の注意点

新築祝いを頂いたとき

着物の女性

マイホームを建てたときに、身内、友人、仕事の関係者などから新築祝いを頂くことがあります。頂いた際にはお礼を言って受けとり、相手のお名前とお祝い品のリストをメモしておきます。お祝いを頂いた方には、新築内祝いとして新居に招待して食事などのおもてなしをするのが本来の形です。新築内祝いは、新居に引っ越してから落ち着いたころに行います。お祝いを頂いたのに招待出来なかった方や高額なお祝いを下さった方には新築内祝いの品物を渡します。新築内祝いの品物を何にすれば良いか迷うところですが、実用品、食品、消耗品などが一般的となっています。実用品としては調理器具、食器、バスタオルなどの種類がありますが、内祝い品に向かないものもあります。それは、玄関マットやスリッパなどで、足で踏むというイメージから、目上の方や上司への新築内祝いには避けた方がよいでしょう。食品は、日持ちのする和菓子や洋菓子、ワイン、ビールなどが選ばれています。消耗品は洗剤や入浴剤など消えものと呼ばれるものを選ぶ人もいます。いずれにしても新築内祝いの品は身近なもので使いやすいものが多く選ばれています。近年は、カタログギフトやギフトカードを新築内祝いとして選ぶ人もいます。ただし、身内や同僚、友人などの親しい人に限定して、目上の方や上司には品物を選ぶようにしましょう。新築内祝いの金額の目安は、お祝い品の三分の一から半額以内のものを選び、内祝と書いた紅白の熨斗紙を付けて渡します。

ワンランク上の品ぞろえ

家

何かお祝いをいただいた際にはお礼状を送り、別送にてお返しの品として何かを贈り物を贈るのが礼儀となっております。しかし、新築など新居に関するお祝いの場合には、形に残る壁掛けの時計や食器など比較的高価な品をいただくことが多いです。そのため、新築内祝いもそれなりの金額のものを贈る形となります。新築内祝いの相場としてはいただいた金額の半分くらいをお返ししますので、グラスやワインなどのお酒類を新築内祝いに使う方が多いです。しかし、お祝いをいただいた方との距離感によっては食器を選ぶにしても好みがわからなかったり、お酒を選びたくてもどのようなお酒を飲まれるのか不明だったりする場合があります。また食べ物から選ぼうと思っても食事制限されていたりすると先方が楽しめない商品をお届けしてしまうこともあるのです。もちろんすべての方のニーズを満たす新築内祝いを贈ることは本当に難しいことですので、カタログギフトを使うものおすすめです。カタログギフトというと結婚式の引き出物でいただくイメージがあります。しかし、結婚式の引き出物に使う価格帯だと3000円から5000円となるため、選べる商品も限られてしまいますが、実は結構種類があり自由に選ぶことができます。お取り寄せグルメ、お酒、テーブルウエア、タオルなど商品別のものもありますし、「北欧」や「ブランド」など一定のコンセプトにそった商品をそろえたカタログギフトも選べます。カタログギフトなら好みに合った商品が選べますので、失敗がありません。ワンランク上の品ぞろえで新築内祝いにぴったりです。

新築祝いをもらったら

ギフト

お祝い品を戴いたら必ずしたいのがお祝い返しです。今では、内祝いというとお返しと同義になっていますが、本来内祝いというのはいいことのあった家が、親しい人やご近所さんを招待しておもてなしをする幸せのおすそわけのようなものでした。現在では人を呼んでおもてなしするのも大変ですからほとんどの人は戴いた品の3分の1から半額ほどの品物をお返しするのが一般的です。しかし、新築内祝いに関しては現在でも本来の意味の通り、家にお招きして食事やお酒をふるまい、家を見てもらうのが良いでしょう。新築内祝いで大切なことは、新居のお披露目をして飲食を楽しむことです。新築祝いの場合、新居で使えるようにと壁掛け時計や写真立て、寝具などを贈る場合が多いので、インテリア系の物を戴いた時は飾っておける物ならリビングなど目につきやすい場所に飾っておくと喜ばれます。お帰りの際には、お土産として1000円ほどの菓子折りなどをお渡しします。しかし新築祝いというと高額なものになりがちなので、後日また相場より少し低い程度の品を贈ると良いでしょう。遠方にいて、家に来ることが出来なかった人にも新築内祝いとして品物を贈りましょう。品物を贈るタイミングは新生活が落ち着いた1か月から2か月後がベストです。ただ、どんなお祝い品でも戴いたら、その日か翌日中にお礼状をだしたりお礼の電話をするのがマナーです。新築内祝いは、タオルや食品、キッチン用品、カタログギフトなど日常生活で使えるものが人気です。