新生活をはじめる前に|新築内祝いのギフトを贈ろう

家の新築時に行う礼儀

内祝いの本来の目的と基本

一軒家

新築で家を建てた時に、お祝いをもらった方やご近所の方を招いて家のお披露目をするのが本来の新築内祝いの目的なのです。しかしながら、お祝いを頂いた方が遠方の場合には、わざわざ来ていただくのは大変ですし、現実的に考えれば、新築の家に住み始めて間もない頃は家の片づけなどで手一杯のはずなので、とてもお披露目などを行うゆとりはないというケースが殆どだと思います。そこで新築内祝いという形で、贈り物を贈る事になるのですが、基本的に新築内祝いに関しては、新居に住み始めてから、1か月くらいまでに贈るのがマナーになります。気になる金額に関しては、頂いたお祝いの金額の30%〜50%程度の金額の物を贈るのが礼儀とされています。新築内祝いを贈る時に慌てる事がないようにするために、お祝いを頂いた先方の住所や電話番号をはじめ、頂いた物などをまとめて書いておくとスムーズに新築内祝いを贈る事ができます。実際にこちらが贈るのは、1か月という事になっていますが、お祝いを頂いた、お礼の電話や手紙などは、早急に行うのが礼儀になっていますので、忙しいとは思いますが、忘れないようにする事が重要です。新築内祝いの時に忘れてはいけないのが、熨斗のマナーになります。基本的に水引の結び方は、何度あっても良い事に関しては、蝶結びをするのが一般的です。一方で一度きりで良いとされる時には、結びきりという方法になります。つまり、新築内祝いは、何度あっても縁起の良い事をして判断できますから、水引は蝶結びで行うのがマナーとなります。

迷ったときは定番がいい

女性

新築内祝いはどのように選んでいますか。金額の相場は、いただいたお祝いの3分の1から半額です。失敗したくないからと、カタログギフトを贈る人も多いと思います。カタログギフトは、相手の好みがはっきりとわからないときには重宝します。また様々な種類の品とエステなどの体験を幅広く掲載しており、選ぶ方は自分の好きな品を受け取れるメリットがあります。しかし、カタログギフトはわざわざ申し込みをしなければならない手間があります。また、期限が設けられているので、気づいたら過ぎていたということもあるようです。中には、選ぶこと自体が億劫だと感じる人もいます。せっかくの新築内祝いが、相手に喜ばれなかったら残念ですね。お祝いをくれた人それぞれの好みに合わせて、新築内祝いを贈りたいところですが、難しい場合もあります。そのようなときは、定番のお菓子やコーヒー、タオルを贈ってはどうでしょう。お菓子やコーヒーは、小分け包装されているものを選ぶようにします。小分けされていれば、人におすそ分けできます。また、保存が効くものにします。受け取ってから、2・3日以内に食べなければいけないとなったら、相手の負担になるかもしれません。相手の都合で召し上がってもらえるものがいいです。タオルであれば、シンプルなものを選びます。色が派手であったり、柄が個性的ですと使うに使えないかもしれません。気持ちよく使ってもらえるように配慮しましょう。新築内祝いと構えずに、相手のことを考えて、心を込めて贈りたいですね。

お祝いをもらったら

着物の女性

一戸建てを建てたりマンションを購入した場合には、親族や友人からお祝いをもらうことがあります。このような場合に、もらいっぱなしにしておくのはマナーに反することで、いっぱしの社会人であれば新築内祝いを贈るのが礼儀です。また、新築内祝いとして贈る物は定番のものから、ちょっとひねったものまで様々です。定番品はもらっても困らないようなタオルやお菓子、コーヒーなどの食材といったところです。しかし、それでは面白くないというのであれば家事にならないようにという願いを込めて「やかん(焼かん)」を贈ったりするのも面白いかもしれません。最近では受け取った人が選択できるカタログギフトなども活用されていますので、新築内祝いとして何を贈ればよいか分からないという場合には、こういったものを利用してもよいでしょう。カタログギフトには沢山の中からその人がほしいと思うものを選ぶことができるため、現在多くの人に人気となっています。次に、新築内祝いの相場ですが、基本的には通常の内祝いと同様にもらった金額の3分の1から半額程度とされています。また、渡すタイミングとしては、新居まで来てもらってお披露目するのであればその時に渡して持ち帰ってもらうというのが良いでしょう。一方、遠方に住んでいて来られない方であれば、郵送するので問題ありませんが、入居後なるべく日を空けずに送るのがスマートです。贈り物には「内祝い」などと記した熨斗を付けるのを忘れないようにしましょう。