新生活をはじめる前に|新築内祝いのギフトを贈ろう

新たな新生活の始まり

お祝い返しとしては

一軒家

新しい家を建てて、新生活を始めようとするときに、新築のお祝いをいただくことがあります。そのお祝いのお礼として、一般的には自宅に招いてお披露目をするのが一般的ではあります。もともと内祝いとは良いことがあった家が、その幸せをおすそ分けするために人を招いてもてなすことを言うからです。しかし、なかなか新生活を始めたばかりの、引越ししたての時点で新築の家に人を招いたりすることはかなりストレスになることが多いです。そこで、お祝いをいただいてから一か月以内に新築内祝いとして、お返しをすることが多いと思います。その新築内祝いとしては、何が一般的に送られているでしょうか。新築内祝いは、ほかの内祝いと同様に相場としてはもらったお祝いの1/3から半額程度とされています。また昔ながらの定番としては、建物が完成したことに由来して、いれるもの、ということを表すカップやグラスを贈ったり、家を焼かないという意味を込めてのやかんや、火に強いという意味を込めて鍋などを贈ることがいわれていました。しかし、多様な価値観が存在する現在では、そういった由来を込めた製品よりも、贈られる側のことを考えて、タオルやお菓子、コーヒーなどの食品も一般的ではあります。あるいは、贈られる側の好みの品を自分で選べ、また送る側も品物選びに悩まなくても済むために、カタログギフトなども多く送られています。いずれにしても、新築内祝いとしては、幸せのおすそ分けであることを踏まえての贈り物が良いのではないでしょうか。

丁寧に選ぶ

ウーマン

新築祝いをもらったとき、何を内祝いとして贈ればいいのか迷う人は多いと思います。本来なら新築内祝いは、お祝いを贈ってくれた方を新居に招いて、食事を振る舞うなどのおもてなしをするのが正しいとされています。しかし、相手が遠くに住んでいたりして招待が難しい場合は、内祝いとしてギフトを贈ります。金額は、他の内祝いと同様、いただいた品の1/3から半額が相場です。新築内祝いとして定番なのは、タオルやお菓子・コーヒーです。タオルは、日常的に使うのでもらって困ることはありません。個性の強い柄や色ものを避ければ、相手を困らせることはないでしょう。お菓子やコーヒーは、新築内祝いだけでなく多くのギフトの定番です。ただ、一人暮らしや、夫婦だけなのに食べきれないほどのお菓子を贈ってしまうと相手を困らせてしまうかもしれません。そのため、賞味期限が長く、小分け包装されているものを選べば、都合のいいときに召し上がっていただけます。新築内祝いに限らないことですが、できるだけ好みに添うギフトにしましょう。定番や人気だからといって安易に贈ると、実は相手の苦手なものだったりして、お互いに気まずい思いをする可能性があります。もし好みがわからないときは、カタログギフトを贈るのも一つの手です。カタログギフトは、相手の好きなものを選んでもらえるので、贈る方も悩まなくて済みます。様々な種類のギフトが載っており、相手には選ぶ楽しみもあります。しかし、カタログギフトは期限内に申し込まないといけません。少々、相手の手を煩わせるかもしれないことは、頭の隅に置いておきましょう。新築内祝いに明確な正解はありません。一番大事なのはお礼の気持ちです。感謝の思いを込めて、お礼のギフトを贈りましょう。

便利なものを選ぶ

ファミリー

一戸建てで家を建てることは、何度も人生であることではないので家をお披露目するために身内や親しい友人を招待してパーティーを開くこともあるでしょう。こういった場に招待された方たちは、新築を建てたお祝いとしてプレゼントを持ってきてくれることが多いのです。プレゼントを持ってきてくれたら、パーティーでのおもてなしはもちろんのこと、ちょっとして手土産を新築内祝いとして贈ることが必要になります。お披露目パーティーを開いた時に来てくれた方たちには、直接帰宅する時に新築内祝いを渡すことができます。帰る時に手渡すので、負担にならない程度の品物で持ち帰りやすいものを選びましょう。タオルや洗剤、お菓子などがおすすめです。しかし、後日新築祝いとして遠方の方から届いた場合、どうやって新築内祝いを贈ればいいか悩むでしょう。それに、お祝いの品物が高価なものだったらお返しに困りますよね。そんな時は、新築内祝いをカタログギフトで選べるようにしてみませんか。カタログギフトなら、好きなものを選んでもらえますし、予算もこちらで選べるので貰ったお祝いの品物と同等の金額のものを贈れるようになります。また、好みを知らなくても大丈夫なので、贈ったものが失敗することもないでしょう。通販で新築内祝いのカタログギフトを選べるようになっているので、どんなものがあるか確認し予算に合わせたものを選んで贈ってはどうでしょうか。きっと喜んでもらえます。